我が家にやってきた赤ちゃん

我が家にフクロモモンガの赤ちゃんがやってきた。
お母さんの袋から出て間もない赤ちゃん。
生後2ヶ月。
うちの家族に…ではないけれど、ほんの少しの間、
我が家に居候する。まぁ、たぶんこの子の終の棲家は
我が家な気がするけどね(笑)

c0027700_18171710.jpg


数時間ごとに排泄とミルクのお世話をしないといけない
本当に本当の赤ちゃん。
今日は夕方のミルクのあと、眠るためのポーチに戻したら
戻らず自力で出てきて、とまり木に乗っかった。
しばらくみつめていたが、もしかしたら恐怖で動けないのでは?
と思うくらい微動だにしなかったので、昼間にくるまって寝ていた
タオルハンカチを手に乗せて、その手を差し出してみた。
c0027700_18201646.jpg

最初、怖がって威嚇の声を出したが、しばらくしたら
その声も出さなくなった。そしてものすごい時間をかけて
私の手に…というか見覚えがあるであろうタオルに
乗ってきた。
そのままケージから手を引き抜いて、赤ちゃんを
タオルにくるんだまま、指で頭を撫でてみたらわりと気持ちよさそう。

あっさり眠ってしまった。
c0027700_18222531.jpg

まだまだ怖がっていちいち威嚇の声を出すけれど、
出会ってからまだ24時間経ってないので仕方ない。
これからちょっとずつ慣れてもらおう。
そして慣れた頃に私の手から離れるんだな…。
それ、寂しいねぇ。
でも最初から自分のペットではないのを知ってて
引き取ってるので大丈夫。小さいので、握りつぶさないように
病気にさせないように気をつけないとね。
[PR]

by suraimuyasroom | 2012-10-09 18:24 | ペット