契約更新

c0027700_11132426.jpg久々に自分の上司と会った(爆)7日ぶりくらい(;^_^A 彼女が誕生日休暇で2連休したことから始まり、そのままずっとシフトが合わなく、今日やっと会えた。わりといつも凛としていて強気な、それでいてスタイルもよく、すっきりとした美人系、真矢みきのような女性なのだが、今日は疲労困憊していた。酒で、ではなく疲労で泥酔していた(爆)
いや、実はもうこの時点で既にやばかったんだけど。

さてさて…。私は今会社と週3日の契約をしているが、それも3ヶ月ごとに更新をする。
今日は来月からの3ヶ月7,8,9月分の契約更新の面接をした。
6月から新年度が始まり、グループの長も変わったからだろうか、グループ長も同席していた。写真は、面接でもらった来月からの雇い入れ通知書だ。小さいから見えないとは思ったが、念には念を入れて…、付箋で名前等隠してみた(爆)
ここのグループに移籍して1年半が経った。キャリア移籍ではなかったので、あまりこのグループの、というかこの局の上の方々には素性を知られていなかったのだが、今日の面接では初入社からの職務経歴を聞かれた。初入社は1995年なので、ちょうど10年前。踏んだ現場はそれぞれのクライアント都合により、異例のかなりの多さである。おかげで、業務もいろいろこなしている。採用、教育から労務管理から現場起ち上げ、現場閉鎖、請求収納代行、など。
それは今の職場ではまったく生かしていない。というか、生かせる現場ではないと思っていたし、既に適任者がいるし。自分でもできるからやらせてよ…って声をあげることをあえて、控えていたから。だって、今となっては週3日契約なんだから。前は週6でも7でも出勤してたけど。それからして声はあげられないよね。もらっている収入も当時の6割程度だし…。
でも今日は具体的に何をどんなふうにしたかを聞かれてしゃべってしまった。今後期待しているからという言葉をもらったのだが。期待されては困る。これから自立しようかと思っているところなのだから。
でも、自立してもすぐ軌道に乗るわけはなく、当面別から収入を得ないといけないとわかっているからこそあえて、その話しはしなかった。ずるいかもしれないけれど、できなかった。しても良かったかもしれない。むしろ、『そういうわけで、これからも時短の契約でおねがいします』と先手を打てばよかったかもしれない。でもそこが私のずるさなんだろう。できなかった。そんな自分がどうしても好きになれない。いや、ホントに。今後どうしたいんだろう、私。
[PR]

by suraimuyasroom | 2005-06-28 00:00 | 仕事・職場