都会と田舎の温度差

なんか気温差があるってどうやらホントらしい。
っていうのも、今日、昼休みに板橋在住、飯能在住、浦和在住の3人が集まった時に、東京と埼玉は気温が違うって話になったんだよね。その時は浦和はほぼ東京寄りだし、(北区、足立区が埼玉寄りって言ってもいいけど)たいして違わないと思っていたんだよね。しかも私なんて毎日池袋行ってて気温感じてるわけだし。違うと思ってないし。
でも「西所沢に住んでいる友達が東京と気温が3度違うよって言ってた」と板橋在住の彼女の口から出た時はちょっとびっくりした。西所沢ってそんな田舎だったっけ?実はあんまり行った事なかったりするからわかんないけど。そしたら飯能はどれだけ違うのさって話だよね~って話してたんだけど。

今日、21:15頃港区の広尾にいたんだけど。そこで建物から出たときにすごく暖かいなって感じたんだよね。「なんだ、今日暖かいんじゃん」って。それで電車乗って、浦和まで来たら、まぁ時間も22:15くらいだったけどものすごく寒かったんだよね。なんだこの違いは!意味がわかんないよ。だって浦和、山があるわけじゃないし川沿いじゃないし。なんでこんな寒いのさ。時間が同じだったら暖かかったのかな。それを検証したいよね。そうじゃないと納得できん!
でも地球温暖化が問題になっている昨今、東京の方が暖かいなら、田舎にいたほうが少しは安全ってことかなぁ?まぁ、東京、埼玉レベルなら何ひとつ変わらない気がするけど。

[PR]

by suraimuyasroom | 2005-01-14 00:00 | 趣味・独り言・日常