今日、お客様と電話で話しをしていた私。
それをモニタリングしていたGM。

私が入った新しい会社で、今日の夕方、初めて
お客様と話をした。それをGMは、トークチェックするので
モニタリングをしていたが、通話が終わったときに
GMが私に言った一言。

「心地のいい声しているね。ずっと聞いていたい声だよね」
だって。ぷぷっ。
とりあえず、先回りして、「日常会話と全く別人ですいません」と
謝っておいた(笑)

その昔、コールセンターの管理をしていた私は、
オペレーターたちのトークチェックをしているだけではなく、
自分で自分のトークチェックもちゃんとしていた。
だから自分がお客様と電話で話す声はもう何百回も聞いている。

あまりに日常の会話と声が違う。発声も違う。
私の電話の声しか聞いたことのない、会ったことのない人は、
私に会うのをすごく楽しみに期待する。
が、会ってみたらきっとがっかりするんだろうね。
電話じゃないと、そしてお客様が相手じゃないとその声は出ない。

家族や友達には出ない。彼氏にだってダンナにだってそんな声出ない。
なんでかはわからないけど、それが私の仕事用の声なんだろうと思う。
オペレーターだから。とりあえずその道10年のプロなんだよ、私。

いやいや。プロでも声が日常と変わらない人はほとんどだろうけど
どうも私は、人に期待をさせる声を出すらしい。
というか、仕事のときの声は、子供のときの私の声なんだ。
大人になって声質が変わり、低くなり、太くなったけど、
お客様と電話で話す声は、子供のときのまんまの声なんだと思う。
ただ、自分でその録音を聞いても、自分の声だけに何も期待しないけど(爆)

しかも、その声で例えば料金滞納の督促をしたって、あんまり
威力は無いんだよね。その声が生かせる営業だったらいいけどさ。

こんなこと書いているとまた変なコメント書置きされそうだから
コメント不可にしておこう(笑)
[PR]

by suraimuyasroom | 2008-08-18 23:14 | 仕事・職場