<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

養育家庭、養子縁組。東京都の現状、うちの現状。

今朝、昨日ポストに入っていた市の広報誌を開いて読んでいると、
養育家庭の体験記発表会があるという記事が目に止まった。

10月の2週目の土曜日に、ふと夫が、我が家も養子を考えようかと言った時以来、
頭の中では拒絶していても、何かと反応してしまう自分がいる。

養子と養育家庭は違う。
養子を考えない、里親として一定の期間、子供達を預かるのが養育家庭。
現在、東京都には、実親と住めない事情がある、
つまりは養育家庭を必要としてる子供が4000人ほどいるらしい。
そのほとんどが虐待を受けた子供だという。
だけど、養育家庭を求めている側に対して、受け入れる側は、
養育家庭ではなく、養子縁組を望んでいるのがほとんどだということで、
養育家庭を探すのは大変だということが書かれていた。

養子であれば、自分の子供として生涯一緒にいられるからね。
それを望んでいるんだろう。
私は親を体験したことはなく、親の気持ちも苦労も喜びも何も知らない。
だけど、もしも親になるのであれば、
自分が産んだ子供の親にしかなりたいとは思っていない。
これまでいろいろいろいろな家を見てきての結果…なのだが。
でも養育家庭ならいいかなって少し思ったので、体験記などを読んでみた。
その結果、実際は、養育家庭のほうが難しいようだと感じてしまった。
養育家庭をしている家庭は実子が何人かいて、
その中に里子をお迎えしているケースが多いように思った。
子供がいないところに、ある日突然、見ず知らずの子供がやってきて、
一緒に生活するのはやっぱり受け入れ側が、相当訓練されていないと
難しそうだということを感じた。
でも体験記を書かれている方々は皆、いろいろな試練を乗り越えて
うまく里子と関係を作っていい家庭を築いてる方々なので、
親としての経験だったり、子供を迎え入れて生活する覚悟だったりが
きっちりできている方々なのだろうと感じた。

一方、じゃあ養子をとるのかどうかというと…。
私がいろいろな理由でそれを拒絶しているけれど、東京都では、
1人の養子対象になる子供に対して、20組の夫婦が手を挙げるほどの
状態らしく。そんなに養子をとりたい夫婦が多いのか!?と疑問に感じたほど。

でも養子縁組対象の子供よりも、養育家庭に預けたい子供のほうが
だんぜん数は多いらしく。それに比べて受け入れ側は養育家庭のほうが少ないらしい。

私は子供がそんなに得意ではないので、もし養育家庭として我が家が
名乗りを上げるとしたら、なるべくなら10歳以上の子供を受け入れたい。
私も夫もそれ以上の年齢が得意だから。難しい年頃であるのはこの年齢だけど。

が。しかし。
体験記を読んで、私には勇気は沸いてこないと思った。
むしろ後退したくらい。

39歳の誕生日に「体外受精をやろう」と言われてからもうすぐ3年。
体外受精もしたし、多くの検査もしたし、東洋医学の治療もした。
そこでは治療が終わって1年以内に妊娠する方が多いですよと言われて
治療を終えてから9ヶ月。あと3ヶ月で妊娠しなかったら、もう42歳に
なるところだし、自分の子供は完全にないと心で確定されるだろう。

結局、何が原因なのか、誰が原因なのか。何も得られなかった。
こんなに時間とお金をかけても何もわからなかったし、
時間とお金だけがただただ流れていってもったいなかったけど。
ただただ周囲が次々と妊娠して出産していくのを見守るだけの
10年間だったけど。
42歳の誕生日を迎えたら、今度こそもう一度私は家庭のためではなく
自分のために生きていっても今度は誰にも文句言われないだろう…と思っている。
だけど実際はどうなんだろう。誰が文句を言うんだろう。
言いそうだな、みんな。
それとも養育家庭として、誰か子供を受け入れていくんだろうか。
[PR]

by suraimuyasroom | 2012-11-15 12:04 | 家・家族

ピアノのレッスンの進度具合

私のピアノのレッスンは2週と4週の金曜日。
先生は私の家の前に建っている大きなステキなおうちに住んでいる(*^o^*)
お話が大好きで、おもしろくて感情が豊かな先生。
が、昔…独身のころはおっそろしくて有名なピアノの先生だったらしい(^^;)
なんとなくそんな雰囲気が残っていないこともないけれど、私にとっては
そのダメだしも繰り返し練習の連続も、すごく好きだから苦痛じゃない。
先生は時々、気を遣って自主規制してくれているらしいけど(笑)その必要はないと思う。

そんな先生、私の指導の仕方に少々悩んでいる(笑)
バイエルを卒業してツェルニーに入っているが、
『こんな練習曲なんかつまらないからあんまりやりたくないよね?』
『もっとおもしろくなる曲とか弾きたい曲とか持ってきていいんだよ。』
と言ってくれる。
けど、私は練習曲を楽しんでいるし、基礎がわかってないので
基礎を徹底的に学びたいと思ってるので、ツェルニー全然OKなのだ。

だけど、練習1日に15分くらいしかしないので、成長しないしない。
今日、『じゃあ次行こう!』ととりあえずの丸をもらったツェルニー100-15は
1ヶ月かかった。1ヶ月って言っても、2週間に1回しか通わないから
毎週通ってたら2週間で卒業していることにはなるけれど…^^;

で、次の課題をどうするか…を今日は散々悩んだ先生…。
100-34に決まった。ずいぶん飛んだなぁ、おい…って思ったけれど、
狙いは技術。見たことのない記号が楽譜にちりばめられている。
この記号はこうやって弾くのよ…という技術を学ぶための34番らしい。
3種類の記号が代わる代わる多々出てくるこの34番。
どれも装飾音を表している、トリル、ターン、プラルトリラー。
3つとも初めての名前。
そのほかにも装飾音の音符がちびちび散りばめられていて
装飾音の嵐。
その100-34をYou Tubeで検索してあったのがこれ。
ちょっとかなりだいぶ速いんだけどね、この人。こんなに速くないだろ…って
思うんだけどね、この楽譜…。



もともと、楽譜を見ながら弾くより、繰り返し繰り返し誰かが演奏したのを
聞きまくり、耳コピしてから完全暗譜状態で弾く私には、これはきっつい。
楽譜をみないと絶対弾けないから(^^;)

そろそろちゃんと楽譜を読む、見るクセをつけるいい練習だとは思うけど。
でも1ヶ月じゃ卒業できない気がしてしかたない。
これ、年を越す課題だと思うのは、きっと私だけじゃないと思う…。
[PR]

by suraimuyasroom | 2012-11-09 21:48 | 趣味・独り言・日常

お仕事しなきゃだよ…お仕事どうする?

c0027700_983728.jpg

今朝のうちの朝顔。
宿根朝顔だと教えていただいたのだけど、厳寒期以外はけっこうずっと咲いてるらしい。
朝から癒されたけど。最近ずーっと朝、うちの夫を車で駅まで送ってる。
歩いても10分くらいだけど、車だともっと早い^^ギリギリな生活だからね。自主的に送ってます。
モモが寒がるといけないっていう理由もあるけどね。

うちの夫、仕事がきっついらしい。
去年までいた学校とは何かが大違いらしく、仕事、きっついらしい。
若い頃と違って…というか毎年どんどん帰宅時間が早くなっているのに。
前は22時とかに平気で帰っていたけど、最近19時近くにはもう帰宅してるのに。
でも前よりいろいろ辛そう。

中学校は何がつらいかな。私、中学校のときやりたい放題だったけどね。
先生に迷惑かけてたかな。ってか、迷惑しかかけてない気もするけどね(笑)
本当は大学で働いてもらいたいんだけどね。
テレビで最近よくみかける尾木先生は中学校の先生だったんだよね。
教育評論家になってるけど、大学教授もしてるよね。
大学で働いてくれないかなー。収入下がりそうだけどね。でもそれは別にいいし。
講師とかできないかなー。まだ若いからいくらでもいける気がするんだけど
それは素人考えかなー。本人がその気になってないからダメなんだけどね…。

そして私も仕事が始まるよ。
11/20-12/14まで。夏とか去年の冬とは違って月~金まで毎日。
その代わり1日5時間稼動にさせてもらうけど。
1日8時間稼動で週2日と天秤にかけてどっちかで働くって言ったら
週5で1日5時間稼動を選択された^^;

夏のときと違い、期間の後半3週間しか働かないし、夏のときは
現場管理者の一員だったけど、冬はただのアルバイトだからね。
プレッシャーが全然違うけど、でも週5拘束は厳しいかな。
だけど、年に2回の季節限定仕事だから、しっかり稼がないとね。

機種変代を夫に返さないといけないし、なぜか冬服がまったくないので
買わないとだし、そろそろ髪も切りたいし…全部をかなえるためには
働かないと~~~~~。10月は余計な医療費もかかったし。
とりあえず髪切りたいので仕事しないと^^;
これ切実。

季節限定仕事とかもう辞めたいんだけど。
家の近所でちびちび働きたいんだけど。
また訪問介護とかしようかなとか密かに思ってるんだけど。
この冬の3週間の仕事を我慢してしっかりやって
その後年末年始をゆっくりして…。
それから考えましょうかね。訪問介護…するかしないか。
地道地道にずーっと継続して働けばいつか介護福祉士受験資格をゲットできるしね。
介護福祉士になれてもあんまり明るい気分にはならなそうだけどね^^;

何気にいろいろ後ろ向きな私でした。
今日はfamily searchやろう…。
[PR]

by suraimuyasroom | 2012-11-02 09:28 | 仕事・職場

みんなけっこう誤解しているあたしの食事^^;

c0027700_10362634.jpg

健診の再検査で脂質代謝異常の診断が出たために杏林に通院し始め1年が経ちました。
診察時の定期検査ではすでに“病気”ではなくなっているけれど、
たぶんこの食事療法は一生続きます。まるで糖尿病患者のように。
私が摂取できないのはズバリ『油』。ぶっちゃけそれだけ。

でもわりと誤解されているようで、『糖』だと思われていたりする。
いろんな人が気遣ってくれるのだけど、そのほとんどの人が、
『糖』に対して気をつけてくれるんだけど、『油』に対しては気付かないらしい。

確かに『糖』を必要以上に余分な摂取をすると脂肪に変わるので、
糖分摂取にも気は緩めないけれど、ある程度は大丈夫なわけで。
筋トレやストレッチ、有酸素運動などはきっちりやっているわけなので
分解、燃焼すれば大丈夫なわけで。

けれど、『油』は自然と摂取してしまう、例えば魚の油とか
そういうの以外は摂取は厳禁。
私自身が自力で油が分解、燃焼されない体質なのでいかんのだよ。

なので、例え気を遣ってサラダなどを出していただいても
そのサラダがコールスロー(マヨネーズ使用)だったりしたひにゃいただけない。
グリーンサラダとか言って出てきても、オリーブオイルがかかってたら
これまたいただけない。生野菜に何か味をつけるなら、塩かレモンか酢なのだよ。

油を使う炒め物を食べないと知っている方々に煮物を出していただくことも
あるわけだけど、煮物って用心しないと、一般的にごま油が使われてたりするんだ。
香り付けのごま油だったり。煮る前に具材を油で炒めていたり^^;
それは私にとってはアウトなのだよ。

お肉料理が良くないっていうからお魚にしたわって言われても
それがバターなどを使ってムニエルになってた時にゃ…笑うしかない。

だったら大好きなチョコレートを板チョコの1マス食べるほうが
私にはストレス解消になるくらい。チョコは油でしかできてないので
最高に厳禁食材なのだけど…^^;
なのにチョコチップクッキーとか口にすることあるけど(笑)
一応、自分の中で何がどれくらい…っていう計算はしているつもり。
コントロールしているつもり。
甘いけどね。わかってるんだけどね^^;

なので、よそで出される煮物など、計算が不可能なものが怖い。
けどよそで出されたものはせっかくなので、いただくんだけどね^^
だってせっかくだから。
そしてそれから後の自分をコントロールしたらいいかなと思うから。
けど、その日々が計らずとも数日続くと、たちまち体調に変化が
あらわれる。

どう出るかというと、下痢気味だったり、妊婦のような異様なおなかの
出具合になったり。食事をした直後から空腹感満載だったり(それはいつもだけど)。

でもね、別に苦じゃないのよ。
油を使わないっていうだけで、何か食材を制限しているわけじゃないから。
乳製品は一応1日200ccかそれに準ずるグラム数ってことにしているけど。
制限はしていない。ただ、お肉よりお魚のほうが油が上質だとか
お肉だったとしてもひき肉はいちばん油が多いから
ひき肉料理じゃないやつがいいとか。その程度。
でもひき肉料理ってたいてい油使わないと調理できないものが多いよね。
あ、そうでもないか…。いや、つくね鍋とかじゃない限りたいてい油使うよね。

それで服のサイズが2つダウンしているんだからいいんじゃないかな…と。
お金使ってダイエットしなくても自然とサイズ小さくなるよ。
まぁ、私が病気だからそうせざるを得ないってだけで一般の方々には
この食生活は厳しいかもだけどね。

そんなことを思う最近の私。
夫の誕生日もあったから、ちょっとお菓子的なものの摂取が
多かったけどね。体内がバターものが渦巻いてて少々気持ち悪いけど
だんだん収まって来ましたよ。

ちなみに野菜炒めなどをしたい時は大匙2~3杯くらいの
だし汁を油のかわりにして炒めるんですよ。それもけっこう普通においしいよ。
生野菜などサラダは梅干を刻んでペーストにしたものをつけて食べたら
オイルフリーでもおいしいしね。
糖尿患者と違い、今のところ塩分制限を一切されてないからできるワザですが。

とりあえず今からはクリスマス→年末年始までは、
よそ様にうかがうこともないと思うし
あっても控え控えて自力で立て直しますねー。
[PR]

by suraimuyasroom | 2012-11-01 11:10 | 趣味・独り言・日常