<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

交通事故にあってしまった

3/19(水)の朝7:40頃、仕事帰り、踏み切りの一時停止で
なんと後ろから追突されてしまった。
帰ったら、なんかおいしいもの食べてシャワー浴びてくつろごう!って思ってた。
21日はイチゴ狩りがあるから、ガソリン満タンにしとこう!って思って
ガソリンスタンドに寄ったのが運命の分かれ道か。
ガソリンスタンドに寄らなければ、あの踏み切りは通らないからね~。

のろのろしていてなかなか前が進まない踏み切りの一時停止。
そんな中で、後ろから追突されて、そのはずみで前の車にぶつかりそうになるのを
必死でこらえたカンジ。なぜか衝撃で喘息が出て大変だった。
うしろの運転手さんが声をかけてきた。
警察を呼ぶというも、携帯電話を持っていないって言う。
なんだよ、いまどき…って思ったけど、私の携帯で警察を呼んでもらった。
そして私の携帯で自分の仕事先にも電話していた。なんなんだかなぁ…と思いつつ、
咳が出て苦しかったので、もうどうでも良かった。

警察が来て、状況を話して、実況見分して私は病院に行くかを聞かれた。
その時に本当になんでもない感じがしたので、病院には行かないと答えていた。
でも夫と電話をしたとき、何もなくても後からでもいいから行っとけというアドバイスを受け、
そこにいた警察に、後で病院に行くと言った。
そしたら、後から病院に行って何かがあっても、それではもう人身事故扱いにはならないし、
書類の手続き上も面倒なことになるから、もしも病院に行くなら、まさにいまこの場で
救急車を呼んで行くのがベストだと言われた。

親切なおまわりさんだ。
おかげで今いろいろ助かっている。
救急車を呼んだおかげで、車を警察署に一時引き取られたが
病院の診察が終わって、警察署に行って供述調書を取られていろいろ説明を受けた。
そのときには本当に私のからだはなんともなかった。
けど、病院では全治10日の頚椎捻挫ってことで診断書が出ていた。

ところが、家に帰り相手の損保会社の人からの電話や、
整体をやっている我が家のお隣さん、あと救急車で行った整形外科の先生は
安静第一とすごくおおげさな感じのことを言っていた。
そんな中、夜になってなんだか背中や腰がすごく痛くなってきたので
耐えきれずに近くの整骨院に行ってみた。
そしたら、筋肉細胞がすごく壊れて傷ついているといわれた。
なんでそんなことがわかるんだか…。
とりあえず、事故当日なので、すごく弱い弱いマッサージと
微弱電流での治療をしてくれた。
行く前に損保会社の人に話して行ったので、既にもう治療費は私が窓口で
払わなくてもいいように手配されていた。
整骨院の院長は3ヶ月から6ヶ月くらいかかるかもしれない…と言っていた。

そんなに!?
整体をやっているお隣さんにもじつはその前にみてもらっていた。
整骨院の院長と同じようなことを同じ風に言っていた。
やっぱり専門家なんだな…って思った。

そして事故から3日目の今日。
整骨院はお休みだったのだけど、お隣の整体にお世話になった。
8時間寝ている整体なんだけど、腰痛が激しくて寝ていることが苦しかった…。
更にスカイプでは、DMSセッションでのカウンセリングをしてもらった。
DMS= Dynamic Mind Solutions
ダイナミックに感情開放をして、心が軽くリラックスするためのセラピー。

事故3日間でいろいろしてみているので、みんなが言うほど
完治が長引かなければいいとおもっている。特に3月は後ろがやたら忙しい。
4月はきっと何もないけど。

交通事故は人生2度目。2度あることは3度あるかなぁ。
3度目はもう死んでしまうかもしれないね。
だったらそれはそれでラクかもしれないけど、ずるずる生きていると
面倒だね。ただおかまをほられただけでこんなに辛いんだもの。

整形外科の先生も整骨院の院長も整体でも、全員が同じ事を言う。
安静第一。基本、寝ててくださいって。そうなんですね…。
仕方ないのでそうします。
いつまでそうしてたらいいんでしょうか…。
実際それが問題です。あはは。3月末は忙しいんだってば^^;

でもいろいろ治療関係の情報に恵まれていることに感謝です。
[PR]

by suraimuyasroom | 2014-03-21 20:46 | 趣味・独り言・日常