祝♪43歳の誕生日☆彡

c0027700_21175395.jpg本日43歳の誕生日を迎えたのは何を隠そうこの藤井フミヤである。呼び捨てで申し訳ないが。
ボケてるけど、1987年5月に発売されたCHECKERSの6枚目のアルバム『GO』のジャケットからスキャンしたもの。
藤井フミヤ(当時は藤井郁弥だったが)ファンとしては、かれこれ21年になる。13歳の時からだから。ちなみにCHECKERSのデビューは私が12歳の時だった。かわいかったんだ、これが。何より声が好きだった。あ、今も声は大好きだ。音楽は正直どっちでも良かった。でもくるくる回るダンスも大好きだった。小さくて細くて、なのにパワフルでかわいかった。外見もすごく魅力があったけど、しぐさや話し方や、ファンに見せる性格(表向きのものだったのかどうかはわからないけど)も大好きだった。アーチストとしてのデザイン作品もわりと好き。c0027700_21271683.jpg
教会のボランティアで2ヶ月だけではあったけど、彼の故郷である久留米で生活することができたのは、とても貴重な思い出。ボランティアは、福岡3ヶ月、那覇7ヶ月、久留米2ヶ月、川内(鹿児島県)6ヶ月…の滞在だったが、久留米が一番美しい街と景色を持っていた。贔屓目抜きにしてね。そんなこんなで、ファンになった当時は彼が22歳、私が13歳だったのだが。すっかりおじさんになってしまった。
だけど若い頃の顔はホントにかわいらしくて好きなのでここには若い時の写真を載せてみる。CHECKERS時代は私も熱狂していて、CDも雑誌もライブも全部網羅していたが、解散して3年くらい経ってからはすっかり、彼がどんな活動をしているのかわからなくなってしまった。c0027700_21322339.jpgファンクラブのサイトはよく見てたけど、雑誌も買わなくなったし、出演番組もチェックが甘くなったし。でもファンじゃなくなったわけじゃなく、今でもずっと好き。崇拝しそうなほど、心の中では祀り上げているかもしれない。昨年の作品展だってしっかり観に行ったし。そういえば、少し前に母校の南筑高校の制服デザインをしたんだよね。生徒の評判はどうなのか知らないけれど、その制服欲しいんだよね。ファンだったらそりゃ思うだろ。ネットとかで売ってたりしないのかなぁ。それ、犯罪?おいおいだ。犯罪はしない主義なので。
でもさ、息子が17歳で娘が15歳だったよね、確か。どんな父親なんだろか。制服デザインする父親って自慢なのかな。尊敬してもらってんのかな、いいなぁ。

c0027700_21425520.jpg藤井フミヤを思う時に同時にある友達を思い出す。中学の時の最高の友達。私の性格を変えたすごい影響力のある友人。あまり人と群れるのが好きじゃなくて1匹狼風だったんだけど、私のことは気に入ってくれていた。私のどっちにもいい顔をしようとするはっきりしない性格をピシッ叱った唯一の同級生。ものすごく大好きだった。彼女も絵がすごく上手だった。彼女の描く藤井フミヤが大好きだった。彼女がいたから私は美大受験を目標としたんだもの。でも彼女は服飾系の学校に行って…。どうしたかなぁ。もう10年以上どうしているかわからない状態。この3つ目の写真の顔がその友人に似ている。顔というより、表情としぐさなんだけど。彼女がマネをしたわけじゃなく天然で同じ表情ができる人だった。そんなところもかなり羨ましかった。

今日は久々にファンクラブのサイトをのぞいたら、興味のあるイベントが告知されていた。絶対行けない場所なんだけど。たぶん日にち的にも。そして金銭的にも。でももしかして独身だったら行ってたかもしれん。今彼のライブを観に行くファンの年齢層ってどれくらいなもんなんだろうか。私くらいが妥当だよね、やっぱりきっと。どうなんだろ。今日はいつも聴いているモーツアルトのCDをしまって、藤井フミヤのCDをセットしてみた。
う~ん、伸びのあるいい声だヾ(@^▽^@)ノ
[PR]

by suraimuyasroom | 2005-07-11 00:00