人気ブログランキング |

看護師の指摘

ディサービスでのお仕事デビューから1週間になる。
ここの施設は、2007年5月に開設され、そろそろ1年。
全体の利用者自体が20数名という少なさ。
一番多い日で、火曜日に9名のほかは、どの曜日も5名程度。

常勤の生活相談員1名と、看護師1名(全体で2名)、ヘルパーが2名(全体で3名)
が、1日の勤務者数。訪問介護の事業所と併設で、居宅もあるので
サ責や、ケアマネなどなどもいて、事務所はわりとにぎやかだけど。

ここの看護師が10月から勤務している人がいて、彼女が私にいろいろ
教えてくれる。朝の作業、送迎時の注意点、昼の用意、おやつの用意、
一日の終わりの作業、掃除の仕方、洗濯、トイレ誘導の仕方などなど。
それはそれは、かなり細かい。
1年、訪問介護でヘルパーをしていたので、いろいろなことを
知っているつもりだった。
ところがちっとも…だった。配慮が足りないところがたくさんあることを
知らされた。1対1ではないので、一度にたくさんの周りを気遣うことが
要求される。そんなの簡単だよ…って思っている私がいるのに、
指摘されて、まったくできていないことがわかる。

びっくりするほどできていない。なんだかなぁ。驚くわ。
看護師、すごい。いや、私がダメダメなのか…。でもやっぱり看護師すごい。
尊敬するわぁ。そして疲れるわぁ(笑)


それじゃあ、せっかくなので、今日指摘された数多くのことの中から1つ。
懐メロ歌う大会のときに、そのレクを担当しているヘルパーがいた位置の
正面に私が座っていた。大きなテーブルを囲んで、ヘルパーと看護師と
利用者が輪になっている状態だった。
が、私の後方に、CDデッキがあった。なので、レク担当ヘルパーは
いちいち、曲セットのために私の正面から、私の後ろに移動してくるのだった。

反省会でそれを看護師に指摘されたとき、
「あ、私がCD操作をすればよかったんだ」と思った。が、違った。
看護師は、私とレク担当のヘルパーの位置を交代するべきだったと言った。

そうかぁ、そうだったのかぁ。そうかぁ。
深く納得した。やっぱり看護師がすごいんじゃなくて、私がアホアホなだけだな(爆)

by suraimuyasroom | 2008-04-07 21:56