人気ブログランキング |

2005年 11月 25日 ( 1 )

友達がいないっていう発言

小学校5年か6年の時に、担任の先生に
友達がいない…と話したことがある。
その小学校には5年生の5月から転入したのだったが
いじめられることもなく、女の子たちがグループ化しているようなこともなく
私だけが放っておかれることもなかった。私に妙になついてくる女の子もいた。
クラスみんなで学校が終わってからも誰かの家に行って遊ぶことが多かった。
今考えると恵まれた環境だったと思う。
特定の友達・・・・というよりクラス全員と仲良しだったような気がする。
ある日、私がある女の子に冗談で「おばさん」と呼んだことがあった。
それを聞いた当事者は、私が予想するよりはるかに怒った。
たまたまそれを見た担任が私に向かって
『友達がいないとか言って自分からなくすようなこと言ってるんじゃないか』
と言った。・・・・・・・その時なんとなく「あ、そうか」と納得した事を覚えている。


おととい、私は夫にしか話したことのないことを、ある人に言った。
それは小学生だったあの時と同じ言葉。「友達がいないから・・・・」
言われたその人は驚いていた。なんで????って顔だった。
それを理由に‘その場’に居たくないと感じている事を打ち明けたのだが。
それと同時に中学生じゃないんだからそんな理由で居たくないと言って
逃げることが通るとも思っていないことも話した。
でも言われたその人は言った。あなたを好きだと思ってる人はたくさんいる。
あなたを好きだと思ってる人や、信頼している人が
それを聞いたらどう思うかな。きっと悲しい思いをすると思うよ・・・・って。

確かに誰かに嫌われているような気持ちを感じたことはない。頼られることも
あることだって知ってる。小学生のあの時もそうだった。今と同じ気持ち。
でも自分の心が満たされていない。
誰かが自分を好きだと思ってくれてることも知ってるし、感じている。
でも、毎日の一瞬一瞬を愛されているという幸福感で満たされたことはない。
贅沢なのかもしれないし、わがままなのかもしれない。
親にも愛されている、夫にも愛されている。
他にも愛してくれてる人はいる。それは知っている。理解している。
でも心の中は空虚感がたくさんある。毎日途方もない寂しさに襲われている。
この感じはいったいなんだろう。この感じ・・・・・・・。

今…突然始まったことではない。それこそ小学生のあの日も感じていた。
たぶんそれよりずっと前から感じていた。恐らく自分の意識が自分のものだと
わかって行動できているくらいの年からずっと感じていた。
ずっとずっとずっと。2歳まで自分の記憶・・・・遡れるけど、あの頃も
「寂しい」って言葉を知らなかっただけで満たされないものは常に感じていた。
それからずっと感じている。いじめられたことも嫌われたことも
虐待されたことも、放置されたり無視されたりしたことも・・・・
誰かと激しく言い争ったりしたことも記憶にはなんにもないのに・・・。


人間ってホントはみんなどうなの?毎日寂しいなぁって思いつつ、
口に出さずに生きているの?
でも私の知っている人の中には「毎日が幸せ」って言う人、たくさんいる。
はっきりそう言える人生を送っている人・・・・たくさん知ってる。
この違いは何?なんだろう。
私は自分に自信がないのか?確かにないけど。ものすごくないわけじゃない。

これってウツとかだったりするのかな。もしそうだったら
もう30年以上ずっとウツやってることになるし。
病気なのか、それとも人間みんながみんなそうなのか・・・・・・
それだけでも教えてほしい。
みんながみんなこんなに孤独感に襲われて毎日涙しているのか・・・
お願いだから教えて欲しい。1人になると突然途方もなく泣けてくる。

by suraimuyasroom | 2005-11-25 00:00